【天体観測】新月&満月情報

【天秤座新月】2019.9.29・無理して動かないこと!

2019年9月29日天秤座新月について解説します。

新月になるのは9月29日(日)AM3:27頃、秋が始まり寒さから来る氣持ちの引き締まりで動きが鈍くなりかけしまう場合がありますので、意識に熱を持たせて行動に移すことが必要な時期になっています。

 

この時期はウイルスが飛び回り風邪などが流行り始めますので、勢いに急ブレーキをかけてしまうことも多い時期です。時間に追われ疲れた身体が防御に入るという動きになりますので、熱が出たときは急に下げたりしないで、毒素を抜くという意味も込めて身体を休める時間を作ってください。

 

 

スポンサーリンク

天秤座新月のチャート

 

今回の新月は天秤座に4天体が入っていて2ハウスで起こっています。2ハウスの特徴は資質、金運、所有物を表すので、「お金を稼ぐスキル」を感じます。天秤座の性質と合わせると、人と関わること、関係性、社交性、人間関係を調整することになります。

影響がある天体は次の天体です。
火星とのアスペクトは弱いので、今回は気にしていません。

 

7ハウス:海王星(逆行中11月27日まで)
5ハウス:土星・冥王星(逆行中10月3日まで)・ドラゴンテイル

 

7ハウスの逆行の海王星=曖昧な人間関係、言いたいことが言えず、離れるべき関係を続けている関係性を感じます。

5ハウスの土星・逆行中の冥王星=自分に正直になれない恋愛や、私生活の手放せない習慣などが目立ちます。

 

【天秤座の性質】活動宮・風のエレメント

人間関係・他者との調和・正義・公正さ・美意識・洗練という総合的に見るとバランスを司るサインになっています。

 

おすすめのアクション

 

お金を作り出す能力が人を介して発揮されること。同時に美に関する意識、美と経済のバランスを考える時期になって来ます。ちょうど増税が何日後かに上がることになっていますので、美にかける労力やお金、それと生活にかける労力とお金のバランスのを考え直し、調和をとる。その判断をする新月になりそうです。

 

もやもやした感情を手放すのが本当は正しい選択なのかもしれませんが、手放すことができればとうに手放していますので、今の状態では手放すことが困難な関係と言えます。それを考える時間を無駄にしないための新月になっていますので、その感情と現実のバランスを取ることが、今後の関係をストレスなく続けることができそうです。

 

時期的には会社での異動も視野に入ってくる時期。契約というのも天秤座のサインですので、この異動を期に契約の見直しなども考えてみることも一つのアクションとなります。保険や携帯などの契約も見直す期間にしてみると経済に絡む契約なのでうまく進みます。

 

金銭だけでなく、人間関係の契約の見直しも関連して来ます。人と人との契約とは結婚や婚約などが該当します。一生を預ける契約を考える時期にもなります。これは人間関係のバランスをとるという意味も込めて、イケメンだけどお金がないとか、お金があるけどタイプじゃないなどのバランスの中心に自分がいるという意識が芽生えそうです。

 

10天体(意識)の動き

 

土星の逆行が終わり、残るは天王星、海王星、冥王星の3天体が逆行中になっていますので、もしかしたら安定するはずだった秋分の日を過ぎてもまだ落ち着かない雰囲気になっているかもしれません。

これの原因は増税のせいかもしれません。気持ちに余裕を持ちたくても周りから不安定な波動を感じてしまっていますので、それに周波数が合ってしまうと自分まで乱れてしまいます。

 

気にしない訳にはいかないのが社会の波動ですので、対策としては周りに左右されない自分の考えでの動き方になります。周りが騒いでいるから自分も騒がなきゃいけないのではなく、そっと見守るくらいの落ち着きが思い切りプラスになります。

自分の考えや、気持ちを強く持つことで周りに左右されない自分が持てるようになります。その余裕はどこから生まれるのかというと、細かく考えるのではなく、今回は大雑把に考えてみることが余裕の元になります。

 

無理をしてまで余裕を持つ必要はなく、自分のペースを乱さないというのが心を安定させてくれます。社会が動くときには波にのまれると感情が抑えられなくなります。それが、マイナスの波動とリンクしてしまいますので、何をやってもうまく回りません。一旦、引いて自分のための時間が必要です。

 

リラックスする時間を作り、大きな視点で見ることが大切です。

 

新月を迎え、エネルギーが変わらなかったという人も多いとは思いますが、10月3日の冥王星順行でエネルギーが変わります。実質海王星だけが順行していると思っていいくらいのエネルギーになりますので、冥王星の動きに注目してみましょう。新月時にはのろのろ運転になっているはずなので、そこでエネルギーを理解し、乱されないようには注意したいところです。

 

まとめ

 

9月29日に新月を迎え何かを始めることが吉となりますが、何かと足止めをくうかもしれません。そんなとき新月だからと言って焦ってしまうとかえってマイナスの作用になり、新月で始めたことだから良い方に進むという思い込みがプラスされ無理やり進もうとしてしまいます。

 

一旦、深呼吸して待つということも大事なアクションになります。行動することがアクションなのではなく、何かをしようと思ってその通り動くのがアクションになります。一旦止まろうと思って止まるのもアクションです。

 

なんとなくの行動よりも止まることの方が成果に繋がることも多くありますので、今回の新月では、上記に書いてあることをまず意識して向かう。なんだかうまく進まないと思ったら10月3日までの計画を再度立てるという動きをとっていきたいと思います。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

大山裕介

未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。情報を知り情報を活かす。必要な情報と接しこれからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。時事ネタから宇宙の情報まで幅広くブログにまとめてみました。

Copyright© Mind to universe , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.