宇宙の情報と地球の情報の調和師大山裕介

【5Gの世界!第二弾】変化に対応する準備を

 
働き方改革 お金の動き 経営戦略 億の広告 広告戦略
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。情報を知り情報を活かす。必要な情報と接しこれからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。時事ネタから宇宙の情報まで幅広くブログにまとめてみました。

テクノロジーの進化が留まることなく進んでいます。私たちが知っているテクノロジーの進化をジェネレーションで表しているのがG(ジェネレーション)です。
ついにここまで来たかという感じを受けるほど、近未来の扉は開こうとしています。

10年前にここまでスマホを持つ人が増えると予測できなかったように、未来は誰にも分からない状態になっています。

ですが、このテクノロジーの進化を創り、時代ごと動かそうとしているのが世界ということになります。まさに今、テクノロジーは見える進化をしようとしています。

今回はジェネレーションの進み方をおさらいし、もうすぐやってくる5Gの世界をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

第5ジェネレーションギャップ!

ジェネレーションギャップという言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。読んで字のごとく、世代間の価値観の相違という意味だと思います。その世代に新たな風が吹きます。

 

[経済革命・テクノロジーの進化]

 

第一次テクノロジー革命(1968年~1987年)
ポケベルから携帯電話。当時はショルダーフォンや車載電話


第二次テクノロジー革命(1997年)
有料のショートメール


第三次テクノロジー革命(1999年)
携帯電話からのインターネット接続サービスのiモード、ezウェブ
カメラ付き携帯はここから始まりました。


第四次テクノロジー革命(2013年)
iPhoneが発売され動画がメインになります。


第五次テクノロジー革命:高速処理システム、多数同時接続

 

4Gと5Gの間でものすごい進化をします。携帯電話が一人に一台を想像もしませんでした。ですが、携帯電話を持っていない人はすぐにいなくなりました。今でも縛られたくないという気持ちを持っている人は公衆電話を使っているようです。

電話は苦手だけど想いを伝える方法としてメールができるようになり、電話ができない状況でも言いたいことを伝えられるようになりました。私はほとんどメールを使いませんでした。理由は文字が嫌いだったからです。

 

私は携帯が出てからドコモユーザーなので、ezウェブというものは良く知りませんが、iモードが出たときも凄い衝撃を受けていたような気がします。

 

スマホが普及してきたのが4Gの時代になります。ここで進化が加速しています。それまでは穏やかな進化の仕方をしていたので、知識は何もなくてもすぐに対応できていたと思います。


このような進み方をしています。

産業革命の進化もお伝えしておきます。

 

 

[産業革命の進化]

 

第一次産業革命(1700年代後半から1800年代前半)
手作業が蒸気を使うことで機械化


第二次産業革命(1800年代後半)
電力を使い、人では出来なかった大量生産ができるようになりました。


第三次産業革命(1900年代後半)
コンピューターを使うことで機械が自動化しました。
ここがテクノロジーの第一次テクノロジー革命と重なります。


第四次産業革命(2020年)
機械が自動化から進化し、自律化していきます。

 

第三次産業革命の中に第一次テクノロジー革命が入ります。
ただ、順番に進むのではなく第三次産業革命と四次産業革命の間で人間には脅威となる進化が加速しています。

 

現に、第三次産業革命と第四次産業革命の間で、第一次テクノロジー革命から第五次テクノロジー革命までが該当することになります。期間にして40年くらいでの革命になります。

 

5Gの世界は別世界!

 

皆さんは5Gと聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか。
「なんか早くなるんでしょ?」「何かが楽になるんでしょ?」というようなイメージを持っているのではないでしょうか。

ここからは私の想像ですが、もうその予想を遥か超える進化だと思った方がいいと思います。信じられない進化をしてきたテクノロジーが想像を超える進化なんです。

 

スマホをみんなが持つ時代を遥かに超えることになります。
機械の使い方ではなく、生き方に繋がる進化していくことに繋がります。

動画の通信が今までよりも高速で動くようになり、動画やYouTubeも見放題になります。これは大容量の通信システムによるものです。

 

未来を拓くのは自分自身ということが分かって来たかと思いますが、自分で生きる大切さを忘れないように気構えをしておかないと、情報が多くなればなるほど便利になるのではなく、不幸感が増えてしまう場合があります。

 

それは、構えていない状態で情報が溢れてくるのと、いらない情報の選別が自分の中で出来ていないことが原因です。情報の選別に適しているのが書籍です。本を読むと知識が付くだけでなく、自分のインスピレーションを上手に使うことができるようになります。

 

 

行動を意味あるものに変えるのは、やみくもに行動するのではなく意識を向けることです。行動が大事という言葉をそのまま捉えてしまっては後になにも残らない行動に時間をかけてしまいます。

情報を選別して、いらない情報は右から左へ受け流してみましょう。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。情報を知り情報を活かす。必要な情報と接しこれからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。時事ネタから宇宙の情報まで幅広くブログにまとめてみました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Mind to universe , 2019 All Rights Reserved.