【ワクワクする宇宙の動き】

心と宇宙のシンクロ!【太陽星座と月星座を知りたい】

2019年9月19日

近年では、心の状態と天体の位置、星の意味が関連しているとされています。星の意味を理解して、今あなたの心の状態がどのような状態なのかを氣づくことで宇宙で繋がることができます。宇宙意識(集合的無意識)を通じてあなたの求めることを探してみましょう。

 

考えている以上に今のあなたは幸せな状態かもしれません。自分を癒すことを中心に考え、宇宙の動きに合わせて意識をすることで幸せの周波数と共振を起こす状態を創ることができます。考える、意識を向けることが宇宙とリンクする唯一の方法です。

 

 

 

スポンサーリンク

心と宇宙は繋がっている!

 

癒しがメインのテーマになっていますが、自分を癒すことに対して辛い感情は必要ありません。癒しに向かって一直線で行けるのですが、なぜか人は一回沈んでからじゃないと幸せになれないと思ってしまっています。

インナーチャイルドや感情解放、自分を満たすこと。などいろんな癒しがテーマになっていましたが、太陽星座による星占いと月星座による星占いがあります。12星座占いというのは生まれたときに太陽がどの星座にあるかで占うことを言います。

 

その太陽を月で考えるのが月星座になります。太陽星座は自分自身を表し外側に向けての自分らしさを表しています。意識できる領域(顕在意識)。そして、月星座は内側、プライベートな自分らしさを表しています。意識できない領域(無意識)。

 

月の表すテーマは「心と身体」「インナーチャイルド」「潜在意識」。今まで外側を知るために見ていた星占いを月星座で見てみることで自分の内側にいる自分らしさに気づくことができるのです。

太陽星座が男性性を表しますが、月星座は女性性を表しています。占星術業界が月に注目を始めたということは、世間は女性性に注目しているということなんです。

 

 

男性性の時代を抜け女性性の時代へ

 

昔の女性は我慢を強いられていた歴史があります。近年では大きく流れは変わって来ていて、亭主関白という言葉ももう姿を見せなくなってきたほどです。それは、女性を取り巻く環境が変わってきたと同時に男性を取り巻く環境も変わってきたということです。

 

多くの女性の充電期間。それが、自分を癒すということがテーマになっています。自分を癒すこと、これが月星座を読むということです。

 

月に注目が集まった理由

・我慢をしてきた女性の長い歴史が終わろうとしている
・それを認めて癒してくれる存在が「月」
・月に注目するということは新しい時代をいち早く感じ取っている

 

充電期間を終えて、先に進もうとしていることまでは分かってはいるのですが、その我慢してきた充電期間が長く、我慢が心の奥まで浸透している状態なんです。その深い我慢の時間が次の行動に移れなくなっています。つまり、見えているのに進めない状態です。ここがもやもやする心の状態です。

 

癒された心と、見えている進むべき場所へとを繋ぐ橋が必要なんです。その橋が架かっていない状態では進みたくても進めない、我慢していたよりも辛い状態かもしれません。

 

 

感情の架け橋をかける

 

蓄えられていたエネルギーがちゃんとあるのに、どこに向けていいか分からない。そのような状態になっている人は向こう岸が見えているのに渡る手段を迷っている状態です。

 

頭の中では橋のかけ方を考え出したり回り道を探してみたりといろんな手段を考えては迷ってしまいます。それは、内側の自分らしさに氣づき始めているサインでもありますが、月の期間が切り替わるとき特有の葛藤や戸惑いが起きているときに起こります。

 

自分を癒しているうちに心地よさを味わえるようになりますが、同時に満足感のレベルも上がってしまっているのです。情報の多い時代では自分を満たす情報と、自分の不足感を満たす情報があります。その不足感を満たさないために内側の自分を知る月に注目していくことが大切ということです。

 

心地いいからこのままでいたいという氣持ちがありながら、何か物足りない氣持ち。その間を行ったり来たりしている状態。これが幸せが見える向こう岸まで橋はかけたけど渡ろうか迷っている状態で一番の悩みどころ。

 

何に迷っているのかを言葉にしようとしてもなぜか言葉にならない。でも、このまま進んでいいのかも分からない。それは心のステージが変わっているのに同じステージで迷っている状態。そこを抜け出す突破口となるものは何なのか。それを知る必要があります。勢いで進むだけでは橋を渡ることはできないのです。

 

橋の手前でもちゃもちゃしている人の特徴

・一旦うまく行く
・見えない壁にぶつかる
・どう進んでいいか考え始める
・立ち止まる
・モチベーションが下がる
・戻ろうかと考えてしまい、元居た場所以上に戻ることを考える

 

これは魂が成長する前の混乱の時期といえます。橋を渡ることが魂の成長になり、自分のステージを上げることに繋がるのですが、それと同時に必要になるのが月とペアになっている太陽にスイッチを入れることです。

 

さくさく進めそうなイメージには見えますが、かなり長い橋を渡ることになります。急がずにゆっくりと渡ることが大事です。

 

太陽=魂の根源的欲求・尽きない情熱の源泉・深いところであなたを動かそうとする強い願いなんです。進むことは太陽の担当ということになります。

 

長い橋を渡るには強いエネルギーが必要です。それが足りない状態で渡り始めるとエネルギーが持たずに引き返すという思考が働いてしまいます。自分を癒す月のステージから太陽のステージにステージチェンジしているときが「悩む&迷う」という状態かもしれません。

 

それでも太陽のエネルギーを活かせているのは一握りの人で、ほとんどの人は月のステージで自分を癒して満足してしまっている状態で現状維持を目指します。満足しているのに進みたい氣持ちもあるという葛藤が再び始まります。その度に悩んだり、迷ったりしているんです。

 

 

自分の中の小宇宙を活用する

 

自分の中の太陽のエネルギーのスイッチを入れるということと同時にこちらも大事です。それは他の惑星のエネルギーを活用するということ。太陽が自分自身を表す天体だとすると、それぞれに自分の個性に繋がるのが残りの9天体ということになります。

 

全ての惑星のエネルギーを使うことが自分を生きるということになるんです。各担当のエネルギーを活用して成長していくと、太陽という自分自身は「らしさ」に集中することができます。自分を輝かせることに集中するんです。

 

自分自身が成長することで、自分が自分の能力にエネルギーを与えることになり、能力自体のエネルギーも高まって行きます。それが、魂の成長というものです。魂が成長すると今度はどこに向かうのかというと、自分の求める豊かさのステージを上げていきます。更にそこに向かうために成長を求めエネルギーを使っていくようになります。

 

この繰り返しが自分をひと回りも二回りも大きくしていく生き方になるんです。

 

天体と自分を輝かせることが自分の全てを使った世界観を創りあげていくということです。自分独自の世界観というのをクリエイトするのが今の時代の生き方です。

 

宇宙との一体感を感じ、この宇宙の一部として生かされている実感が湧いて来ます。太陽の意図を知ること、月の意図を知ること。もちろん他の惑星の意図を知ることも大切です。それは、自分の意図を知ることなんです。

 

最後までありがとうございました。
続きは思いついたら書き始めます。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

大山裕介

未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。情報を知り情報を活かす。必要な情報と接しこれからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。時事ネタから宇宙の情報まで幅広くブログにまとめてみました。

Copyright© Mind to universe , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.