【宇宙の動き】

【木星逆行2019】4月11日から!経済的なブレーキがかかる!

2019年4月12日

木星は年に一度星座を変えます。この逆行は射手座。
逆行は4ヵ月続きますので。何かに注意する期間をしては、とても長い期間になりますので、注意しながら動くことをおすすめします。

スポンサーリンク

木星逆行はどうなる?

木星は成長と発展を司る天体です。
そして、2019年を重ねてみると経済の流れが大きく変わるといった流れになっています。星座を見てみると「射手座」特徴でもある目標に焦点を当てる、突き進むという性質を持っていますので、目標と経済。そして成長と発展を組み合わせてみること。

そして、もっとも大切なのが「自分」と重ね合わせるということです。

2019年はどの星座、どの天体も経済に乗せて考えるべき流れですので、急激な変化をしていくと思われます。
宇宙元旦から経済改革が始まり、4月には働き方改革、5月から新元号です。
まずは、経済に関係ないことは一つもないので、世の中の動きと宇宙の動きには注目しておいた方が流れに乗れそうですね。

射手座での逆行開始の為、今まで動きが早かったことのが見るからに遅くなります。目標に対しての考えや、周りの流れが遅くなりますので、流れが終わったという目線で見てしまいがちですが、スピードを遅めることで見えることがありますので、スピード調整という意味を含めています。

 

4月の木星逆行の次は、冥王星の逆行、土星の逆行があります。
この木星の逆行の流れを早めに掴んでおく、そして、冥王星に備えるという気持ちをもつことが4月を制する動きとなります。

 

止まって見極める

新しいことを始めるエネルギーになっている2019年。
働き方改革の施行から、思ったように仕事が出来ず副業などを含んだ生活の変化をしていると思います。

ここまで、スピードがある変化をしてきましたが、広げ過ぎて何をしたいのかが分からなくなってしまってはいないでしょうか?
スピードを緩めて周りの景色を確認して、今はどこを走っているのかを見てみましょう。

早すぎると見えない景色が案外ゆっくり走った方が良く見えるかもしれません。つまり、広げるよりも深める期間という見かたに変化するということ。

 

まとめ

木星逆行は4ヵ月。
4ヵ月間続くのであれば、4月にその流れをキャッチしておくと、後々楽になります。そして、25日の冥王星の逆行までの期間を見極め期間として定めましょう。

4月11日~4月25日
3月に始まった経済改革のエネルギーの流れが加速していましたので、サクサク進んできました。
急なスピードダウンで、何かが止まったように思えますが、止まってはいませんので、25日付近に何かを挫折するようなことにならないようにしましょう。

冥王星は諦めというエネルギーが強いです。

再生のエネルギーも同時に強いので、何かを辞めて新しく始めることも出来るので安心してください。

まずは4月11日「このくらいのスピードで行くんだなぁ」という感じで、木星逆行のスピードを感じてください。

 

今まで早すぎた人も、いいタイミングなので、確認する期間を設けてみましょう。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

大山裕介

未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。情報を知り情報を活かす。必要な情報と接しこれからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。時事ネタから宇宙の情報まで幅広くブログにまとめてみました。

Copyright© Mind to universe , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.