心と宇宙の調和 情報社会の心の持ち方 心理カウンセラー大山裕介

ZOZO前澤社長に続く広告活動!

 
働き方改革 お金の動き 経営戦略 億の広告 広告戦略
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。

ZOZO社長の前澤氏。
「1億円お年玉キャンペーン」は記憶に新しいので、皆さんのも覚えているでしょう。
そして、その戦略をマネする輩が出てきているからとんでもない話です。
中でもビットコインを流通させることが目的の詐欺まがいが多くこの広告戦略に乗っかろうとしているので注意が必要です。

スポンサーリンク

一億円キャンペーン!しかし、これが始まりではなかった!

2015年、ZOZOTOWN10周年の際、商品を0円にする企画を実施している。
この企画は洋服の代金を頂かないというシンプルな企画ではあったが、宣伝広告費を考えたら安いものになったでしょう。これは結果でしか判断できないことですが、今回の1億円キャンペーンも広告効果は1億円以上の価値があったと思います。

時期も時期でしたので、大成功の企画になった。
カタチを作っていく人達は全てが初めてのことを堂々とやるという共通点がありますが、このキャンペーンというカタチが広告業界の新しいカタチになると見ている人も少なからずいるはずです。

 

通常の広告料に関してはあまり詳しくは分かりませんが、年間で1千万かけることを考えたら1年に一回大きなキャンペーンをした方がメディアも乗っかることを考えたら安い広告料と言えるでしょう。

二番煎じの企業がどこまでマネできるかですが、この広告戦略は新しい宣伝のカタチになりそうです。
大きな企業で業績が悪くなる前に1億円キャンペーンをしてくるところは出て来そうです。

億のばら撒きが普通に感じるときが来る?!

2018年、年末にPayPayの100億円キャッシュバックキャンペーンもしかり、
キャッシュがに目が無い日本人向けの取り組みは非常に良く当たっている。
それだけ、キャッシュが欲しいのです。

宣伝効果と加盟店を増やす取り組みでは成功したものの、加盟店を増やすという戦略は成功し、次に利用者を増やす取り組みをどうするかが肝になってくるでしょう。

ZOZOTOWNの前澤社長の戦略には、独創的な思考と社員の熱意が含まれているので、次の戦略も見ものです。
次々億をばら撒く企業が出て来たとしても今が宣伝としては頭打ちになると予想されます。
今回のキャンペーンは社員想いの前澤氏だから成功した戦略と見ています。

お金を絞られている世の男性陣をターゲットにするのではなく、財布の紐を握っている奥様方の心を動かす戦略を考えた点では最高の企画に着地したと言えます。

まとめ

これから激化する広告業界。
これを刺激するような新しいカタチの宣伝戦略を感じました。
このカタチのシェアをどれだけ自社のものにするのかは次の行動で決まってくるでしょう。

ばら撒き広告戦略はZOZOTOWNという記憶が残れば残るほど、同じ戦略を打ったとしても記憶勝ちが出来ることでしょう。
似たようなことをやっても、金額を少し上げてもZOZOTOWNの戦略のマネという印象しか持たれないのではないでしょうか。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 心の学び舎 to U , 2019 All Rights Reserved.