未来心理カウンセラー大山裕介のサイト

『第六感・磁気覚』人間の隠れていた能力!

2019/03/29
 
宇宙エネルギー 第六感 磁気覚
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。

人間の神秘第一弾!

皆さんは第六感を信じますか?
人間には「五感」というものがあります。これはご存知の通りなんですが、今巷を賑わしているこの話が嘘かホントか分かりませんが、ひそかに囁かれています。今後科学で解明されるかもしれません。


2,019年3月19日に東京大学とカリフォルニア工科大学が共同研究での実験結果が出たということです。
では、第六感とはなんなのか。
第七感と進んで行くのか。ということをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

第六感は昔からあった!

私の見解を大きく含んでいる内容になっていますので、信じれる範囲で信じてみてください。
私の見解は「第六感」は存在します。
そして、第七感がからが特殊能力で、六感までは皆さんが持っていると思います。第六感と第七感は、おそらく無意識的に使っていることだと思います。

 

進化してきた人類が、進化する前は第六感まで使えたのではないか。
第六感までは通常の能力で、第七感からが超能力という印象です。

 

第六感(だいろっかん、sixth sense)とは、基本的に、五感以外のもので五感を超えるものを指しており、理屈では説明しがたい、鋭くものごとの本質をつかむ心の働きのこと。一般にはヒトの視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感以外の感知能力をいう。ヒト以外の動物にみられる視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感以外の感知能力(微弱な電場などの感知能力)を表現することもある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』https://ja.wikipedia.org/wiki/第六感

 

お読みいただいた通り、第六感とは磁場を感じる能力です。

 

これは都市伝説をお伝えしているのではなく、研究機関の実験によって発見されたというのであれば信ぴょう性は高いと言えるのかもしれません。

地球の磁気を感じる能力

地球はものすごく大きな磁石のようなもので、S極とN極のように異なる地磁気を帯びています。
渡り鳥やミツバチはこの磁気を感じ取って、コンパスのように利用して移動しています。このような能力が人間にもあると言われ始めているんです。

今回の実験では、男女34人の頭部に磁気の刺激を与えたら、それに応じて脳波は異なる反応をしたのです。
そもそも人間の体は地球と共鳴している。共振していると言われていますので、不思議なことではないと思います。

地球のエネルギーを利用して生きています。宇宙も磁場で満たされているのであれば、その狭間を生きる私たち人間も磁気を感じる力があることに不思議はないことです。

 

一人一人違う電磁波を持っていることは間違いないことなんですが、その電磁波が宇宙の磁場に反応するかどうかは、おそらく自分の意識次第なのではないでしょうか。


観測をすると姿を変える素粒子のように、意識を持ち始めると共振を起こす仕組みになっているのだとすると、今後の人間の体は、今までと異なった進化をするのではないでしょうか。

 

動物の磁気を感知するクリプトクロムというたんぱく質。人間の体でも作られるんです。
血液は鉄分を含んでいます。つまり、人間の体は磁気を感じるということよりも、磁石そのものという事になります。人間は磁気を感じ取れる能力がもともとあったにも関わらず、進化しているつもりが退化していたのではないでしょうか。

 

理屈や理論では解明されない領域!

この実験で明らかになって来た第六感ではありますが、これは人類の始まりにはもうすでにあったのではないかという見解も付け加えてお伝えします。

 

この手の話は独自理論をプラスしてお伝えするのは、まだ解明されてはいない状態ですので、はっきり分からないということが真実です。
ですので、自分が考えたことを主にお伝えしています。

第六感と星の関係

第六感という感覚は宇宙と密接な関係があるのではないかと思っています。
実際、五感というものも実は人それぞれの感覚でしかありません。
みんな共通な感覚ではないということは、第六感や第七感があってもおかしくはないのです。

 

人類は星を見て情報を得ていた時代があります。
それがまさしく第六感の始まりです。
最近では、星読み人口が増えて来たようですが、実際に読めている人と、そうでない人がいるようです。

 

この星読みですが、第六感を使っていると考えられます。
磁気を感じているということが実証出来ないところではありますが、もしかしたら第六感が磁気を感じる感覚で、第七感が星からのメッセージを受け取る感覚ということになるのかもしれません。

 

全て妄想の世界ではありますが、宇宙にはロマンがありますので、それくらいはあっても良さそうです。

 

星の配置だけでなく、星と天体の位置関係や、それを受け取る人間の受信状態で情報が変わって伝わるという夢のある感覚です。

 

地球の磁場が弱まっている原因

最近では、地球の磁場が弱まっている原因としてポールシフトが挙げられます。それが原因で鳩が激減しているなども言われ始めていますので、人間に与える影響もゼロではないことに思えて来ます。

 

それと同時に5Gの世界がやって来ます。
磁気と5Gの世界。これは、何十年後の世界という遠い未来の話ではなく、2020年には来てしまいます。

 

伊勢神宮のようにS極とN極がお互いに消し合う0磁場になっていることから、パワースポットと言われています。その磁気を感じ取っているからエネルギーを受け取れていたと考えられると、パワースポットが人間の体に影響を与えていることにも納得です。

 

意識を向けると感じ取れる磁気のエネルギーを感じていたのが、動物だけだったのが、人間が少しづつ感じ取っていくことにより、磁場が弱くなったと考えられます。

今までは、少ない意識が感じ取っていたのですが、その数が増えて、意識が磁場を感じ取れるとしたら、地球の磁場が混乱を起こしても不思議なことではなさそうです。

 

ということは、この話を人間が知ってしまうと、地球の軸がズレていくことに繋がるのではないでしょうか。

信じれる人が増えるほど、地球は混乱していくということです。

 

磁気覚が第六感なら「第七感は?!」

磁気の話で、S極とN極が入れ替わったら人間には大変なことが起こると言われていますが、その磁極が入れ替わる現象ににた素粒子のもつれなどの話が加わってくるような気がします。

 

人間には磁力を感じる感覚があるという実験結果が出たのですが、それであれば人間には無意識に宇宙の周波数を感じる感覚があってもおかしくはない話です。

 

そしかしたら、それが磁気と関係しているのかもしれませんが、全く別の見かたも出来るのです。
周波数も電磁波なので、それが素粒子の世界の話であれば説明は付きます。
電磁波(素粒子)は観測をすると形を変えることで有名です。
これも実験の結果がありますが、科学者もお手上げの状態にあるのが現状なんです。

 

不思議な動きをする素粒子。
意識を向ける前と、意識を向けたときでは動きや姿を変えるという物質には驚きが満載です。

 

磁気を感じる感覚というもの興味はありますが、それと紐づいているのではないか。この磁気覚が証明されることがあれば量子力学がさらに発展するのではないかという気持ちでいっぱいです。

 

量子の動きと磁場の動きの関係性を追って行きたいと思います。

 

まとめ

今回は、2019年3月に発見された第六感ですが、それも意識を向けた瞬間に姿を変えた素粒子の話に繋がるのではないかということで、少し調べてみました。

今後の動きを見ながらですが、メディアの動きも活発なことをみても第六感はあったという結論が出ているのでしょう。

 

そこで、これからは量子の世界を一気に広める良い機会なので、関連を調べて随時お伝えしていきたいと思います。
どこまでが第六感で、その先の発見も加速するような気がしています。

 

星を見ることで、磁気を感じることが出来るのであれば、意識を向けるだけで願いが叶うということも現実的にあり得ることです。
情報の側面でお伝えしていますが、希望や願望。そして創造を含めて発信していきますので、興味がある方だけでも一緒に学んで行きましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 情報時代を迷わず生きる学び舎 , 2019 All Rights Reserved.