心と宇宙の調和 情報社会の心の持ち方 心理カウンセラー大山裕介

悩めるリーダーのための脳科学!

2019/01/13
 
脳
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。
スポンサーリンク

思考は簡単に変えられる!

人は何かを考える時に脳を使います。
そして、脳が体に指令を出して初めて体が動くんです。
ここまでは皆さんご存知かと思います。

ここで、マザーテレサの言葉を引用させていただきます。

思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから

言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから

行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから

習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから

性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから

この言葉は見ていただければ分かると思いますが、
何から始まるのか?!
それは「思考」なんです。

思考とは、「思う」と「考える」が入ってるんです。

思うのは「心」考えるのは「脳」という感じることと、感じることが合わさってる状態。
脳は心の判断を止める場合があるんですが、
心は正直に感じるんです。
それが、「感情」というものです。

嬉しいとか楽しいは、基本手に作れないものなんです。

嬉しいと思うことは作れなくても、嬉しいと考えることが出来るんです。
それが、「ポジティブシンキング」と呼ばれる前向きな言動や行動なんです。

 

何が言いたいのかというと、
最スタート地点の「思考」というものは、考えるだけでも、感じるだけでも成り立たないということです。

 

脳のタイプで見るリーダー像

人は誰しも尊敬する人がいると思いますが、リーダー像として見ている人って、タイプによって違うということを理解しておきましょう。
脳のタイプは4種類に分かれますが、
行動重視の「勇型」
考えること重視の「誠型」
感情重視の「義型」
調和重視の「礼型」
それぞれに自分が想う理想というものを持っています。

それぞれなんです。

優れたリーダーを誰もが尊敬するとは限らないということなんです。
リーダーとして、社長が言っていたリーダーが本当にいいリーダーなのか、
それとも、凄い人なのは分かるけど、尊敬までは出来ないということも当然起こりえます。

 

リーダーの悩みって、そもそもなんなの?

リーダーは常に安心と興奮を与えてくれる人だ!
これは私の好きな言葉で、「宇宙兄弟」のワンシーンにもあります。

宇宙兄弟で言うと、ムッタとけんじのリーダーシップが違うのはお分かりかと思います。
(これは読んだことがある人限定ですが、)

5巻くらいまで読めば大体言いたいことが分かると思います。

この2つのリーダーシップの違いは何なのか?
これが、このテーマの本題です。

 

どのようなリーダーシップをとるのかで、理想と思うリーダー像が分かり、
そのリーダーの悩みも自然と見えてくるんです。

悩むリーダーは基本的に行動していない!

もう無茶苦茶なことを言っていることは分かっています。
脳のタイプとか、リーダー像とか、思考の大切さとか、いろいろ一気に書いてますが、
全てにおいて、求めてるものが違う相手に自分の求めてるものが通用しないということです。

 

そして、リーダーは心も体も忙しいんです。
ホントは悩んでる暇ないくらい。

ですが、おそらく100%に近い勢いで悩みます。
これはリーダーじゃなくてもそうなんですが、リーダーと呼ばれる人の方が分かりやすいので、
リーダーの悩みを例に出しています。

 

あなたがどんなリーダーかは分かりませんが、
世の中、これだけ多くの情報があるのに、なぜ悩みますか?

正解って、本を読めば載ってます。
成功するかどうかは、本を読んでいるかどうか?なんです。

そして、ほとんどのリーダーは本をたくさん読んでいると思います。

じゃあ、なんで悩みますか?
悩みって解決されてるはずなのに、正解がネットを使えばすぐに調べることが出来ると思います。

 

無理やりまとめます!

リーダーの悩みがなくならない理由は一つ、
自分自身の想いじゃないことを、正解だと思ってるだけ!

それでは本当の正解に辿り付かないんです。
作られた自分の理想と、本当の自分の理想とのギャップが悩みの原因です。

正解は一つではありません!
ですが、自分が出す「答え」は一つなんです。

 

その答えを今の状態で、出せてるか出せてないかの違いだけなんです。

人間関係重視のリーダーシップなのか?
任務遂行が重視のリーダーなのか?

まずはセルフイメージを探してみてください。
自分自身で答えを出せるようになると、正解がなんであれ答えは答えに変わります。

 

正解を合わせる生き方より、自分で答えを出しながらの生き方の方が気持ちにゆとりができます。

あなたは何を大事にしているのかが分かると自分のタイプが分かります。
自分の気持ちに正直になることで見えてなかったものが見えるようになります。

 

早い方がいい。
すぐに自分は何者なのかを考えて行動にうつしてください。
結果にものすごく差が出ます。

 

今回は、リーダーシップは同じものは一つもないというお話でした。
脳のタイプに興味があるかたは、お問い合わせにご質問ください。

分かる範囲でお応えいたします。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 心の学び舎 to U , 2018 All Rights Reserved.