心理カウンセラー大山裕介の学びサイト

完璧に生きようとすると?!間違いなくその逆の結果が待ってます!

2019/01/08
 
完璧の反対
この記事を書いている人 - WRITER -
カウンセラーの大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り、情報を活かす。 これからの生き方を分かりやすいく解説しています。

今回はなんでも完璧にこなさないと気にいらない人向けに書いています。

完璧に出来ないと思っている人ほど、どうしても完璧にしたくなるようです。完璧を求めているせいでイライラしたり、気に入らない人が出来てきます。実はこれ自分一人の心の中でしか起こっていません。つまり一人事です。

完璧主義という幻想

完璧主義っていつでも辛いんです。完璧という言葉自体存在しない言葉です。
完璧という言葉が好きな人、なんでも完璧じゃないと気に入らない人はおそらく足りてないことに気づけないだけだと思います。

人は完璧に出来ない理由が一つあります。
完璧というのは、人それぞれの思い込みで成り立っていることです。

自分が完璧にこなしたとして、上司に認めてもらえなかった時、不満が溜まります。
ですが、相手の中にある完璧をあなたが知らないだけのことなんです。
完璧主義というのは、自分の中にある自己満足感を満たすだけのツールでしかありません。

 

誰もが完璧を求めると起こること!

例えば、みんなに好かれたい!という主義の人が居たとします。
完璧にこなせば好かれますか?という疑問がまず生まれます。全員が完璧を好んでいなければその時点でみんなというワードは該当しなくなります。

それでも、みんなに好かれたい!という人は納豆のことを思い浮かべてください。
納豆の特徴は臭いこと、ネバネバすること、身体にいいこと。などが思い出せると思います。

みんなに好かれたいと納豆が思ったらどういう行動をとるでしょうか?
納豆が甘味を出したら買いますか?甘くて臭くなくてサラサラしてたら納豆はみんなに好かれる存在になるでしょうか?

納豆の完璧は臭いことと、ネバネバすることで、臭いのが嫌いな人には嫌でしかありません。
甘くなったら買うとか、しょっぱくなったら買うとかの問題ではなく嫌なんです。臭いだけで。

 

心理カウンセラー大山のまとめコラム

みんなにとって完璧が完璧ではないんです。
これは価値観の考え方と同じで、価値観は必ずみんなが違います。価値観が同じ人がいるとか、価値観が合わないなどの話を聞くことがありますが、当然なんです。育った環境が違うのが理由です。
価値観とイメージが合致しているといっても完璧ではないし、自分が思っている誰かの印象は、誰かの思っている自分の印象とはかけ離れていますので、思い込んだ片思いの完璧は疲れるだけです。

 

日本人がみんな空手をやっていないように
アメリカ人がみんなフランクではないように
イタリア人にも人見知りが居るように
ブラジル人がみんなサッカーが得意じゃないように
フランス人がみんなワインが好きじゃないように
スウェーデン人がみんな社交性が高いわけじゃないように

イメージというのは自分の中だけで作られた思い込みで形成されています。

あなたがもし、完璧を求めているならそれでもいいと思います。
ですが、完璧を相手に求めた瞬間、人間関係が崩れる可能性が高いことは覚えておいてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
カウンセラーの大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り、情報を活かす。 これからの生き方を分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 情報時代を迷わず生きる学び舎 , 2019 All Rights Reserved.