心理カウンセラー大山裕介の学びサイト

ノートには「今」が広がる!「想いが重なる未感ノート」

 
未感ノート 感情 未来の自分 自分設定 ツイレポ
この記事を書いている人 - WRITER -
カウンセラーの大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り、情報を活かす。 これからの生き方を分かりやすいく解説しています。

なぜノートに書くのかが分かって来たのではないでしょうか?
見えてくるものに目を逸らさずに書き続けることで、今の感情がどんな時に起こるのかが見えてくるんです!
そして、見えた感情は良いところだけを残して消えて行きます。
消えた感情も何かの拍子に戻っては来ますが、未来の感情に重なることはありません。
つまり、良い感情だけしか感じることが出来なくなるんです。悪い感情は客観視出来るようになります。

 

ノートには「今」が広がる!

ノートには自然と「今」が広がって行きます。それは、未来から来た「今」なんです。
過去から現在。現在から未来という考えがノートによって書き換えられる瞬間が来ます。

未来から現在が来てる、そして過去に流れて行くんです。
くだらない過去にならないようにノートがあるんです。

それが見えて来たら未来が現在をどう作り上げているかが分かるようになって来ます。
その「今」に集中出来るのがノートの存在です。
ノートの活用はそこから始まっているのです。

 

「今」に連動して感情が動く

感情が未来を作るのですが、未来の感情を書くことで創造する世界に入って来ます。
ノートの存在が未来の感情をそこに留めておけるゆういつの手段です。

未感ノートは、未来の感情を感作する役割がありますが、重ねる感情は良い感情でも悪い感情でもいいんです!
良い感情は未来でも重なります。未来を感じる時に悪い感情になりたい人が居ないことがその証です。

このノートの本質はそこにあります!

今が未来を作っていること、今は書き残さないと一瞬で過去になってしまうこと。
これらがノートによってすでに叶ってるんです。

 

引き寄せる未来の感情

感情を留めた後はその感情が感作するのを書きながら待つだけでいいんです!
すごく簡単なことなんですが、頭の中では不可能です。
いろんな情報をとにかく詰め込みたくなる脳が邪魔をして来ます。それをノートが守ります。

どんな情報が入って来ても、未来に感じたい感情だけは嘘をつきません。一日一日スピードが上がる情報に立ち向かう手段はノートしかないといっても過言ではないんです。

これで、どこから良いと思われる情報が入って来ても怖くなくなります。
最初から怖くはないのですが、自然に入って来る情報に自然に染まるのが一番やっかいな敵と言えるでしょう。

欲しくないから要らない。という考えは持っていても情報は常に付きまといます。

 

まとめ

今回は「今」に着目してみました。

今の感情が未来を作るのは、なんとなく分かったと思いますので、今を感じて未来の感情で重ねるというノートの役割を充分に発揮出来ると思います。

未来に感じたい感情は必ず明るいものになります。そうなってるんです!
今を書くことで、未来にどんな感情になっていると自分が幸せと思えるのかを強くすることが出来ます。

そして、その感情を感じる出来事がどんどん起きるのです。

ノートを読み返すとすぐに分かります。要らない感情が起きなくなるのも、このノートの特徴でもあります。
今のあなたは過去から来たものではなく、未来から来たということです。
今感じてる感情は、頭では忘れてしまってますが、過去に感じたかった感情なんです。

それを今年からは、明るい感情に限定出来るのですから、書かない理由はないんです。
書き続けることで明るい感情が強くなって行きますので、続けてみてください。

経済の流れと同じで、感情も加速して行きます。ノートを使って居ない場合は流されるんです。

どんな感情になってたいのかを忘れない仕組みがそろそろ出来上がる頃ですので、
書き続けて自分の感情を導きましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
カウンセラーの大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り、情報を活かす。 これからの生き方を分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 情報時代を迷わず生きる学び舎 , 2019 All Rights Reserved.