心理カウンセラー大山裕介の学びサイト

読めば分かる働き方改革!経済の悩みは解消されるのか?!

2019/02/01
 
悩み三大要素 解決 自分
この記事を書いている人 - WRITER -
カウンセラーの大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り、情報を活かす。 これからの生き方を分かりやすいく解説しています。

働き方改革で何が変わるのでしょうか?働き方改革が可決されてから、何か周りで変わった動きはありましたか?
実は該当者でなければ関係ないといった見かたをされているかもしれません。
その該当者という点でも、他人事の企業は少なくないと思われる理解度なんです。

ですが、影響は直性でなくても、間接的には影響があるはずなんです。
お金の悩みを持っているのであれば、経済の情報には反応しておきましょう。

やっと形になりつつある働き方改革ですが、いったいどんな目的で作られた制度なんでしょう?
結論として、経済に悩みを持っていても直接じゃないと人は動かないのが現状です。
少しでも、経済の未来に不安があるのであれば興味が湧くのを待っている暇はありません。

働き方改革の目的はなに?

一言で言うと、「一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ」ということです。
どうですか?目的を聞いて興味を持てましたでしょうか。
正直、私は興味を持てませんでした。
ですが、やはり興味を意識してもつことが重要だと考えます。

人口の減少で労働者が減っているのが現実です。
地球の人口という検索をすると分かるのですが、毎秒人口が減っています。
それだけ労働力が減ってくるという訳です。
ただし、労働が減ってもAI導入するとどのくらい労働を補えるかということも気になるところです。

農家で耕運機が導入されたときは、どのくらい生産性が上がったのかというと、およそ100倍です。
100倍というと、100人でやる仕事を1人で賄えるということですね。

今回AIが管理用AIとして導入されるとどうなるでしょうか?
仮説ではありますが、今のところの情報では500倍を超えると言われています。
500人でやってた仕事を1人で出来る計算です。

これにより、「なくなる仕事」という書籍がかなり売れたのです。

働き方改革で、何が良くなる?

基本的には、この人口減少をAIで賄えるんです。
では、なんの為にこの改革が導入されたのか?
これは、労働生産性を上げること以外にありません。
日本の労働生産性がOECD主要加盟国で最下位だからと思われます。

そこで、働き方改革により、
・働き手を増やすこと
・時間をつくることにより出生率をあげて人口を増やすこと
・労働生産性を上げること
この3つが概要です。

問題点がまだまだ出て来そうな気はしています。
まずは認識不足という点。
2019年の4月から始まる大企業だけという認識、中小企業は来年という間違った認識があるようです。
2019年の導入が中小企業も該当するものもあるという事を今の内に知っておかなければなりません。
知りませんでしたでは済まない状況になります。

働き方改革のまとめ

今回は経済の悩みについて、書こうと思い「働き方改革」を取り上げました。

まとめると、
1、長時間労働の解消
2、非正規と正社員の格差
3、高齢者の勤労促進

このように自分に関係あるかどうかが分からない内容になっていますが、
この改革で動き出した企業も少なくありません。

該当するしないは関係ないんです。
何が自分の経済に影響するのか?
どのへんで影響を受けるのかを考えなければなりません。

この記事を書いている人 - WRITER -
カウンセラーの大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り、情報を活かす。 これからの生き方を分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 情報時代を迷わず生きる学び舎 , 2018 All Rights Reserved.