心と宇宙の調和 mind to universe 情報社会の心の持ち方 大山裕介

お金をお金としか使っていないと無くなるのは間違いない!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。

お金の考え方をお伝えしています。
これからの時代の生き方にはこの考え方が必ず必要になる考え方なので、こっそり学んで知識を身に付けていってください。
物々交換の時代から紙幣の時代。そして、また物々交換の時代に戻っていくんです。
その時代の流れにいちいち流されない生き方こそがお金を学ぶという本質です。

スポンサーリンク

モノを交換することにもお金がかかる!

物々交換で始まった取引きが紙幣というお金の存在で大きく変わりました。
そして、売り手と買い手の商売という仕組みが商売という仕事に変わり存在し続けます。
そのモノを交換することから商売というスタイルに変わり、仲介することが仕事に変わり、どんどん経済が動く仕組みが出来てきましたが、個人間の売り買いシステムが戻って来ています。

モノが不足していた時にお店として商売が成り立っていた時代。
そのモノが溢れた時代には、いらないものを変わりに無くしてくれることが商売に変わり、これからは個人が個人にモノを売るといったお店を挟まない商売に移り変わっています。

ここで大事なのは時代を先読みすることでも、一人勝ちすることでもありません。
時代を受け入れる早さです。
状況に壁を作る必要がないということにすぐに対応できることが必要になって来ています。

自分の欲求を満たすだけのお金は姿を現さないのです。
つまり消えるお金ということになります。
その消えるお金の為に人生を使う人であればどんどん使って経済を動かしていくのも人生です。

ですが、その消えるまでの間に増やすという行動を一つ挟むことが出来れば、使いながら増やすということに繋がります。

何を買うかの時代から、誰から買うかの時代が来ました!

モノが少ない時には、どれだけ効率の良いものを安く買うか?
というマインドが買う為に必要な考え方でした。それだけで安心も同時に買うことが出来たんです。

しかし、これからモノが溢れて本当に必要なものしか買わない時代には、どんなものにお金を使うのでしょうか。
おそらくスペックを考えるのは一部で充分です。
場所だったり、人だったりと商品本来の価値には価値を求めなくなって来ます。

学歴が素晴らしい人が素晴らしい成績を残すビジネスマンにはならないということになって来ている。
いい学校に入っていい会社に入りなさいとまだ言っている親をよくみかけるが、自分の時代の価値観がほとんど意味をなさないとことに気づくべきです。

子供たちはとっくに気づいていますが、大人の意見は聞くものだという世間体が邪魔をして、スタートが遅れる結果えが残ります。

経済心理カウンセラー大山のまとめ

親世代は認めたくない時代がやってきているのです。
もうすでにスタートを切っていることに気づく早さが子供の幸せを考える上でもっとも必要な考え方です。

いくらがんばっても時代が止まることはありません。
お金が無くてもクラウドファンディングでいくらでも生める時代です。

お金を貯めることが正義の時代から、お金をどう使うかが大切な考え方になったのです。
認めたくないという気持ちが子供を不幸にするとした変わることこそが正義なのです。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Mind to universe , 2019 All Rights Reserved.