心と宇宙の調和 情報社会の心の持ち方 心理カウンセラー大山裕介

10年後?!わたし達に仕事はあるのか?【仕事の不安】

2019/01/13
 
10年後
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。
スポンサーリンク

今までと、これからの違いは?

今までの教育というと、正解主義型の教育でしたね。

何が正解で何が間違ってるのか?だけの答えしか求めていなかったんです。

それでも良かったんです。

今までは!

 

ですが、AIが、AIがって何かと騒がれている中、同じように正解を出すことであれば、間違いなくAIの方が生産性ありますよね?

 

この状況をどう捉えるか?ということなんですが、窮地に直面してる人は考えるのが当たり前なんですが、直結していない人はあまり考えていないのが現状です。

 

どうでしょうか?

 

関係ない人って、本当にいるのでしょうか?

 

私的な考えですが、どんな仕事も繋がってるんです。どこかの経済が止まると、止まるんです。

間接的にでも。

 

そこで、今まででいい人は居ないんだ!

という見解です。

 

今までの教育がジグソーパズルのような、正解ありきの考えだとしたら、これからの生き方は正解は自分で作る時代になって来ます。

 

みんな一緒からそれぞれの価値観に移行して行きます。

先程書きましたが、ジグソーパズルって、基本的に正解がみんな一緒なんです。

その教育を受けて来たので、結構当たり前です。

ですが、その教育がまるごとAIの仕事に変わります!

ものすごいスピードで処理します。

 

そこを争っちゃダメってことです!

争うのではなく、共存です。

 

そして、何で自分が活躍出来るのか?ということが求められて来ます。

そうです!

あなたの存在です。

 

あなた独自の価値観が、どれだけの人を動かせるかという時代なんです。

YouTuberなどを見ると分かりやすいのですが、正解に向かってないですよね!

正解は自分自身なんです。

 

つまり存在価値です。

 

今までの教育がジグソーパズル型の学力をつける教育なのであれば、

これからの教育は、レゴ型学力。

創造する学力なんです!

 

レゴ型学力が未来の教育

正解があり、その正解にどれだけ早く近づけるかが成績だったのが、

今の状況で一番みんなが心地よい答えってなーに?というテストに変わってくるんです。

 

「正解」探しではなく、「答え」を創造する。

 

問題は答えがあるか起きるんだ。

問題が起きても、必ず答えに辿りつく。

 

という考え方を捨てなければならない時が来たのだと思います。

 

問題は答えがあるから起きるのは変わりませんが、正解ではなく、その問題に一番近いであろうことが重要なんです。

確実な正解はないんです!

 

これからは。

 

まとめ

時代に合わせた生き方をするなら、正解探しをそろそろ辞めましょ

正解がない分、答えは人の数だけあります。

 

未来を明るく照らすのは、あなたの答えかもしれない!

答えとは「あなたらしさ」

自分らしさが答えかもしれませんね。

 

自分が何者なのかを知ることが、未来の答えになります。

 

これは、間違いなくそうなんです!!

 

今回は未来の不安についてでした。

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 心の学び舎 to U , 2018 All Rights Reserved.