心理カウンセラー大山裕介のサイト

働き方改革で進む自動化!中国では一足早く動き出す!

2019/01/22
 
経済の流れ
この記事を書いている人 - WRITER -
カウンセラーの大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り、情報を活かす。 これからの生き方を分かりやすいく解説しています。

進む働き方改革。理解をしている企業が少ない中始まろうとしていますが、皆さんはどのくらいの知識で臨むのでしょうか?2019年4月に導入するというのに、改革の知識が40%というのですから驚きです!
浸透するまでに時間が掛かりそうですが、中小企業は1年遅れで始まるので安心しているのかもしれません。

理解度が低い日本人に対して、何かと先手を打ってくる中国に学ぶことは多そうです!

スポンサーリンク

改革へ向けての取り組みは自動化!中国が先行して動き出しています。

日本の働き方改革がどのように世界に影響があるかは定かではありませんが、大手企業だけが該当する改革ではないということを理解しているのでしょうか?

中小企業に関しても、自らの改革は来年の2020年に施行されますが、大手が動いたということは何かしらの影響はあるのです。理解40%でどう戦うのか。

中国でも高齢化社会に向けてなんでも自動化が進んでいますが、日本は先進国とは名ばかりの行動力になっているのです。
中国での自動化の注目はどのようなものがあるのでしょうか。
今、中国では「自動販売機」がものすごく増えています。なんでも自動化にしないと人が間に合わなくなることがもうすでに分かっているからです。
食の安全やレストランでの提供なども機会が人に代行して行うということが起きています。

なんでも自動化するのは日本も同じ!?

中国はなんでも極端に早く動く傾向にありますので、レストランのウェイター、ウェイトレスの業務を自動化し人不足の対策を打っています。
では日本ではどうでしょうか?
日本の動きが悪いのは今から始まったことではありません!
働き方改革に対してもそうですが、何かが起きてからの行動しかしないのです。

働き方改革の罰則強化に関しても、動き出している企業は少なく、理解すらしていないのが現状です。
日本の動きが悪いのは自分に該当しないという他人事になって見ているからなのです。

働き方改革が施行されると間違いなく人を使えなくなります。
今すぐにでも未来の姿を創造して動かなければいけないのです。

大手だと思ってたら大間違い!中小企業も該当、年次有給休暇

商工会議所などの調査で約40%が知らないと答えた時間外労働の上限規制。
これは2020年までまだ時間があるからなのかもしれませんが、2019年の4月に一斉導入されるものがあることを忘れてはいけない。

それは「年次有給休暇取得義務化」である。
これに関しては企業が一斉導入になるので、知らないでは済まされない。
年間で最低5日間の有休を必ず!取得させなければならない義務がある。違反した場合、社員1人あたり最大30万円の罰金が企業に科される恐れがあるため、企業の大きさに関わらず対策を立てなければいけない案件です。

まとめ

知らない、理解していないという問題が通用しないことを覚えておこう!
どのような形でも労働者が有利になるようにはできているし、知識で労働者が勝るようでは雄久の日数など問題にならないくらいの罰則があるのです。

2020年まで時間があるなどと考えている企業のトップは学びが足りな過ぎではないでしょうか?
まだ大丈夫!などと高を括っていると本当に痛い目に合いかねないことを理解しておこう。

この改革の認知度の低さはいかなるものか。
ただでさえ人員が不足している状況にも関わらず、労働時間の規制や年次有休休暇の規制が整いつつありますので、早急な対策が必要です。

高プロはまだ話には出て来てはいませんが、すぐにでも対策の一部になるのは間違いないのです。
まずは一日も早い改革の理解が必要です。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
カウンセラーの大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り、情報を活かす。 これからの生き方を分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 情報時代を迷わず生きる学び舎 , 2019 All Rights Reserved.