心理カウンセラー大山裕介の学びサイト

【未感ノート】目的の移動!自分の意思で進もう!

 
未感ノート 感情 未来の自分 自分設定 ツイレポ
この記事を書いている人 - WRITER -
カウンセラーの大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り、情報を活かす。 これからの生き方を分かりやすいく解説しています。

未感ノートを書き始めて約一か月が経とうとしています。
毎日続けている人と、そうでない人が13:87くらいの割合になっていることと思います。
この割合はハーバード大学というよく分かりませんがすごいところが調査して実証した法則です。
3:10:60:27の法則とかパレートの法則、働きアリの法則などがあります。
説明すると最初から長くなるので、最後にご説明いたします。

続けている人13% 続けてない人87%

100人中、ノートを書き続けている人が13人。
たまに書いてる人も含めての人数です。
そして、もうノートも開いていない人が87人もいるのではないか?!という法則です。

 

ですが、続けることが目的ではなく、幸せになることが目的です。
もうすでに目的に向かい始めている人は気にしなくていいと思います。
幸せを続ける。幸せ体質を作るということもプラスで目的にしているノートなので続けてもらえると私も幸せに向かいますので、ぜひ続けてください。

 

書くのが止まってしまっている人は、書いた最後の日からどのくらい期間が空いたかに注目してください。
三日書いて一週間空いたとかを気にしてみてください。
その感覚を把握することが大事で、その期間にどんな感情でいたのか?なぜまたノートを思い出したのか?
ノートを書くあなただけの理由が見つかります。

書かない期間も大切な期間

書いた方がいいから書くのか
書くことで幸せになれるっていうから書くのか
書きたいから書くのか
自分を見つけたいから書くのか
今後の人生を豊かに送りたいから書くのか

書く理由は人それぞれですが、私の目的は豊かな人生を送る体質になって欲しいという思いが一番の目的です。

 

自分を知るということは、未来の感情まで理解するということですので、
ぜひ活用してみて『なんか違うなぁ』と思ったら破り捨ててください。

 

もう一つ、未来の感情を感作するということに意味を持たせています。
何気ない毎日が「今、何待ち?」という気持ちになることがあると思います。
次の休みだったり、給料日だったり、合格発表だったり、デートだったりがあると思います。

ところで何待ち?の心の状態をキチンと目指す場所に設定してあげると、
今から喜び待ちという「今の設定」が出来上がります。

 

日曜に、明日からの一週間が憂鬱という人も居るとは思いますが、未来の喜び待ちの状態で一週間が始められると日曜などは関係なく憂鬱が消えます。
なぜなら、キツイ一週間の存在は、楽しむためのものでしかなくなるからです。
それが無いと、いつもと変わらずキツイことが嫌で会社にも行きたくなくて風邪をひきます。
風邪は自分を休ませてくれる根拠でしかないのです。

 

これは子供のころに風邪をひくと構ってもらえる期間。休んでも優しくしてくれる期間の設定でしかありません。
大人になると風邪をひくことで優しくされる場合と、そうでない場合があります。
そして、体調も気持ちも不安定になるんです。

そんなことも同時に解消するノートがこの世に存在しているんです。
この未感ノートがあれば未来は喜びに満ち溢れます。
未来の自分が求める感情を書き、それが重なる度に強くなるノートですので明るい未来が当たり前なんです。

何かに気づくまで続けてみましょう!

最後に・・・3:10:60:27の法則

何度かお伝えしていますが、見ていない人に向けて書かせていただきます。
3%と10%の人は行動をする人
60%と27%の人は行動しない人です。
この割合に分かれてしまう法則なんです。

3%の人は無意識に行動してしまっている人
10%は無意識ではないが、意識をして行動する人
60%の人は分かってはいるが行動していない人
27%の人は知らないから行動していない人

この行動する13%の人が意識をしているかしていないかの差はありますが、
行動している人です。いわゆる成功者と呼ばれるグループです。
そして、87%の人が知ってるか知らないかは別として、結局行動していない人のグループです。
物事を人任せにしてしまう人と呼ばれてしまいます。

知らないという人はこれから覚えて行動するといして、
一番勿体ないのが、知っているのに行動していない人です。

 

あなたはどのグループに属していますか?
このサイトに訪れてくれた人は、自分をどうしたいかは分かっている人だと思います。
ですが、そこで行動するかしないかで大きく分かれてしまうのです。

60%に入ってるかも?!という人はぜひ行動をする設定に変えてください。
このノートを書くという行動が1つの分岐点です。
ノートでなくても全然結構ですので、分かっていて行動はしていないという事があれば行動すると本気で未来が変わります。

出来ればこのノートも活用してくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
カウンセラーの大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り、情報を活かす。 これからの生き方を分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 情報時代を迷わず生きる学び舎 , 2019 All Rights Reserved.