心と宇宙の調和 情報社会の心の持ち方 心理カウンセラー大山裕介

進化する脳の欲求!不確実性が生む欲求!

2019/01/08
 
進化
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。

経済は激しく変化していますが、それに寄り添うように変化していくものがあります。
それは脳の欲求です。

求めている価値が変わっていっています。脳の中には「報酬系」という神経回路が原因であることが分かりました。報酬系とは、簡単に表すと報酬に対しての快感ということです。

この報酬の種類が変わって来ているということは、何を求めているのかが今までと違うことは当然なんです。

スポンサーリンク

経済と脳の関わり

脳が経済に深く関わっているのが分かったと思いますが、どのように関わっているのかというと、何かの価値を求める行動、思考が欲求を生み、それに関わる仕事でお金が動く訳です。
その脳が求める報酬の種類(価値観)が変わるということは、動くお金の方向が変わるということになります。

必要なのは偉い学者さんではなく、次世代の脳です。

今経済を考えている、私の考えでは40代以上の年代の考える脳には考えられない思考が次世代に広がっています。
その価値観こそ次世代の経済を動かす基盤になることは間違いないのですが、次の世代が脳を活発に機能させる環境が整っているかが問題です。

若者に多い自己肯定感の低さで、未来を不安でしか見ない若者をどう活発に動かすかがポイントになっています。

報酬系を刺激するには楽しみが一番?!

ここからは予想の範囲に入って来ますが、経済に必要な報酬系。簡単に言いましたが、何が得られるかで行動が変わるということなだけですので、満たされたときだけでなく満たされることが予想されたときにでもこの「報酬系」は刺激されます。

何かを楽しみにするだけでモチベーションが上がるということです。
その楽しみを我々大人がどれだけ作れるのかが、次世代の日本を作っていくことに繋がります。

一言で楽しみと言っても、次世代の欲求が経済と共に姿形を変えて行きます。それも物凄いスピードで進化していることはご存知でしょう。

この報酬系は刺激されることで快楽を覚える能力があるので、情報によって刺激を与えることが経済を理解することになります。何しろ次の日本を作る世代の価値観は「存在」から次は何に変わるのかは私たちには想像出来ないのですから。

今後は想像するだけでなく、創造。つまり創り上げることになってきますが、VRのようなテクノロジーを使い広がっていく世界にどれだけついていけるかがビジネスにおいても重要だと考えます。

経済心理カウンセラー大山のまとめ

経済のスピードはこの脳の機関が関係していることは分かりました。
このスピードについていけるかが勝負になってきますが、おそらく早すぎてついていけないんです。それを無理について行こうと情報を集めてしまうと「自分迷子」という状態に陥ってしまいます。

楽しみや快楽といった感覚は常に飽きやすく、変化をしたがる傾向にあります。
楽しいことを続けているともっと楽しいことを求めてしまいますよね。それと同じことが脳の中で勝手に行われているのですから、スピードが上がるのは当然のことかもしれません。

今後の生き方は、「やらなければいけないこと」に縛られることなく、「自分が求めること」に焦点を絞って情報を集めるようにすると、自分の中の経済改革が起きます。

世間の改革とはズレてしまうかもしれませんが、他人の正解で生きることをしていると、いつまで経っても幸福という感覚は得られないでしょう。

他人が決めた人生じゃなくて自分の決めた人生を生きていきましょう。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 心の学び舎 to U , 2019 All Rights Reserved.