【ワクワクする宇宙の動き】 【天体観測】新月&満月情報

天体の逆行2019!注目ポイント!

2019年3月31日

天体の逆行をまとめています。
逆だからといって真逆のエネルギーになることはないのですが、巡行から逆行に変わるときとその逆のタイミングで衝撃があるかもしれません。

そして、10天体が巡行する貴重な期間が2019年には用意されています。
短い期間ではありますが、貴重な期間なので楽しむことを念頭において過ごしてみましょう。

水星はよく逆行してるし関係ないと思ってしまいがちですが、その水星の逆行が終わったときがチャンスなんです。
タイミングが遅いとまた逆行を始めます。
一番内側を回っていますので、水星の逆行時、巡行に戻るときは心に振動が伝わって来ますので、受け入れる体制を作っておく必要があります。

スポンサーリンク

天体の順行・逆行スケジュール

逆行単体での考えはあまり必要ありませんが、何かと絡むと意味が現れるものが多いと思います。
10天体巡行という良いエネルギー帯のときにどんなアクションを取るかで、年末の一大イベントの氣の動きが変わりそうです。

そして、2019年9月18日~10月3日の期間が天体エネルギービック3の逆行期間になります。
(天体エネルギービック3逆行)
ネーミングのセンスは別として、大きなイベント期間だと思ってますので、9月18日から10月3日は心の準備を怠らないようにしましょう。

期間中に動きそうなエネルギーに関しては再度アップしますのでお待ちください。

逆行する天体のエネルギーによって違ったエネルギーに変わりますので、暗記しなくてもいいのでメモが一番理想です。
専門家のブログのチェックをしていると親切に教えてくれますので、チャンネル登録をしておくと便利です。

順行(じゅんこう、prograde motion)とは、惑星が他の惑星と同じ方向に運動している状態を指す。それに対して逆行(ぎゃっこう、retrograde motion)とは、順行とは逆の方向に運動している状態を指す。天体の順行・逆行には、その天体の回転(公転・自転)方向自体の正逆に起因するものと、地球から天体を見た場合に起こる見かけの現象とがある。歴史的には後者の現象を説明するための理論が発展した。

 

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/順行・逆行

【2019年の水星の逆行スケジュール】

3月6日~3月28日
7月8日~8月1日
11月1日~11月20日


[水星逆行の影響]


・コミュニケーションに欠ける
・交通機関の遅延に会う
・過去を思い出してしまう。悲しいことが多いイメージ
・通信機器が故障しやすくなる
・自分よがりな発言をされる
・社内の動きも悪くなり決裁に時間がかかる
・疑われてしまうことがある

つまり、マイナスの印象をもたれて、事故が増えて、携帯が故障する確率が上がるということです。良いことが起こらないイメージですが、氣を向けるだけで転機にもなります。

【2019年金星逆行のスケジュール】


2019年は逆行しません。


[金星逆行の影響]


・愛情を感じない
・関心が湧かない
・趣味が合わない

愛情の天体が2019年は逆行しないということは、心の急激な変化はなさそうです。

 

【2019年火星逆行のスケジュール】


2019年は逆行しません。


[火星逆行の影響]


・行動出来なくなる
・動くことが困難
・やる氣がでない
・人の遅さが目に付く

強力な攻撃力を持つ火星は機嫌よく順行していますので、短気を起こすことは少ない年になりそうです。

 

【2019年木星逆行のスケジュール】


4月11日~8月11日

 

[木星逆行の影響]


・無駄使いをしてしまう
・資金が底をつく
・計画的な考えが出来なくなる
・お金の大切さが緩む

経済に対しての動きがあります。この時期の出費は控えることをおすすめします。丁度宇宙元旦の日も含まれていますので、経済に関わることの変化が起きる期間でもあります。

 

【2019年土星逆行スケジュール】


4月30日~9月18日


[土星逆行の影響]


・さぼりぐ癖が目立つ
・思い違いをしがち
・現実逃避をしてしまう
・自分の弱みが明らかになる

時期的に5月病と言われる時期なので注意が必要です。逆行前に行動スケジュールなどを立てて習慣化をしておきましょう。

 

【2019年天王星逆行のスケジュール】


2018年から~1月6日、8月12日~2020年に続く

 

[天王星逆行の影響]


・情報が多すぎて混乱を起こす
・発展しない情報に惑わされる
・生気がなくなる
・自分にとっていい情報に巡り合えない

逆行中に大きな出来事というよりは、逆行する直前と戻る直前に大きな事故などに注意が必要です。

 

【2019年海王星逆行スケジュール】


6月22日~11月27日


[海王星逆行の影響]


・行動に身が入らない
・感性が働かない
・つまらない発言をしてしまう

海王星も日々の出来事というよりも逆行の前後に注意が必要です。

 

【2019年冥王星逆行スケジュール】


4月25日~10月3日


[冥王星逆行の影響]


・軸がぶれてしまう
・進展がない
・自分が何者かを見失う

天王星、海王星と同様に、期間が長く、逆行という見かたにならない場合があります。共通点は逆行開始前後に注意。

※追記4月12日 4月15日と間違えてお伝えしていましたが正確には25日です。

 

逆行時にきを付けたいこと

10天体巡行がものすごく価値があることが分かると思います。
天体は常にどれかが逆行しているため物事を止める役割を持っています。
何か自分にとって良くないことが起こるエネルギーを放出します。

上記の期間をズラす、または逆に働くエネルギーをうまく利用するなどを考えて行動に移ってみましょう。
期間が長くアクションを起こすのにスタートが遅くなってしまいそうな場合は新月と満月を利用して行動してみましょう。

気にしすぎると動けなくなってしまいますが、何かを確認するにはいい機会になるかもしれません。
天体というものは万人に降り注ぐエネルギーでもありますので、意識をすればいいエネルギーに変えられるということもあります。

特に水星逆行は年に3回もありますので、今まで通りではなく人間関係に氣を使うなども注意をすることにより、普通に過ごしていては良くならなかったようなことが良い関係になる場合もあります。

どんなエネルギーも自分にとって、味方なのか敵になるのかは自分次第と言ってもいいでしょう。

まとめ

【2019年 逆行のまとめ】

・水星 3月6日~28日・7月8日~8月1日・11月1日~20日
・金星 なし
・火星 なし
・木星 4月11日~8月11日
・土星 4月30日~9月18日
・天王星 ~1月6日・8月12日~
・海王星 6月22日~11月27日
・冥王星 4月25日~10月3日

【2019年 順行まとめ】

・1月7日~3月6日まで
・3月29日~4月11日まで

全ての天体が巡行する期間は年に何日もありません。
物事が思ったように進みますので、そのつもりで行動してみることをおすすめします。

全ての出来事というのは、自分一人ではないということも同時に覚えておきましょう。
エネルギーは全ての人間が持っています。
良くなるか悪くなるかは、お互いのエネルギーの向きに関係して来ます。

自分のエネルギーは良くても、相手のエネルギーはい良くない方向に向いていると思ってもいない方向に進んでしまいます。

順行の期間に過度な期待をし過ぎるのも危険です。
何事も信じて進むことに意味がありますので相手のエネルギーも加味しながら考えてみてください。

信じることで何かが生まれるというよりは信じることで氣持ちに余裕ができるはずです。
それだけでも天体の動きをきにすることの意味になるはずです。

楽しむために活用してみてください。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

大山裕介

未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。情報を知り情報を活かす。必要な情報と接しこれからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。時事ネタから宇宙の情報まで幅広くブログにまとめてみました。

Copyright© Mind to universe , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.