心と宇宙の調和 情報社会の心の持ち方 心理カウンセラー大山裕介

流行語大賞にノミネート?!ジタハラ。働き方改革に向けての予防線か?!

2019/01/23
 
冬至 蟹座満月 マインドタイプ
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。

働き方改革に向けて企業が準備をする中、時短ハラスメントなる言葉がノミネートされました。
働き方改革とは、簡単に言うと少ない時間で生産性を上げる法案です。
それには、時短が肝になるのですが、それにストレスを抱える人が増えそうという予想はしてました。
それに向けてなのかは定かではありませんが、ノミネートされた言葉は間違いなく広がるでしょう。

 

スポンサーリンク

時短ハラスメント(ジタハラ)とは?!

売上を上げなきゃいけない!でも早く帰らなきゃいけない!残業もしてはいけない!
でも結果を出さなきゃいけないといった状況で、心を病む場合がある。
時間短縮ハラスメント。
時短を強要されるのは、今さら始まったことではないが、またも言葉だけが一人歩きしそうな予感がします。

 

多くの企業は「売上や利益目標を達成する」という目標を立てています。
ですが、時間を短縮したうえで、その目標を達成させなければいけないとなったら、勤務している人はどう思うでしょうか?

 

やるべきことは残っているのに帰らなければいけない。
業務は沢山残っている状態。
人も減らされているから、休み明けも仕事に追われる。

 

このような悪循環に陥る予測は出来ていると思いますが、誰もがみんな生産性が上がる訳ではありません。
生産性が上がらなければどうなるでしょうか?
仕事に追われ、改革前よりもキツイ仕事になることは目に見えています。

 

物事には順序、ルールがあるんです。
基本的には、早く帰って時短をした方が良いが、時短をすることで社員の能力が丸わかりになります。
仕事が早い人はいいが、遅い人は余計に生産性が悪くなり、会社にもいられなくなるでしょう。

 

能力を考えた仕事の量でないと、間違いなく生産性が落ちるんです。
仕事が終わってないのに、強制的に帰社することになったら皆さんはどうすんでしょう?

 

子供の宿題がいい例なんですが、
宿題が全然終わってないのに、寝なきゃいけないってことです。

宿題もやらないで、なんで寝てんだ!っていう声が聞こえるようです。
働き方改革に向けて、企業がどう動くかが気になるところです。

 

企業はもう動き出している!

企業としても、利益が減っていいはすはないんですが、労働時間を削って利益を維持できるほど能力が高い社員だけを選んで残すことは困難。

 

動き出している企業はあります。
就労中に副業を促す、ダブルワーク推進する企業がそれです。

ですが、それで何が解決になるのでしょうか?

 

おそらく何も解決しないまま、2019年の4月を迎えることになるでしょう。
時間は削らなけばいけない、そうすると人を今よりも雇用しなければいけないんです。
利益を残すためには。

不足というのは、企業だけの問題ではないんです。
人口が減っているんです。

 

最低賃金も上がる、時短もしなければいけない、利益も確保する。
どれをとっても課題だらけなんです。

 

企業は一人に使えるお金が少ないんです。それをダブルワークで稼いで欲しいのは分かりますが、
それと生産性を上げることが繋がらないんです。

 

企業のするべきことはは、人材教育なんです。
人を削ることよりも予算を教育にかけることが企業が生き残る勇逸の手段です。

 

まとめ

生産性が高い社員の見極め、働き方改革に間に合わせるには人材教育への投資がカギになるのは間違いありません。
悩みミーティングということを進めていましたが、今後悩むのは企業の方かもしれません。

 

働き手の悩みは仕事がないという悩み、自分をどう活かしていくことが出来るか?
困っている企業にどう役に立つことが出来るかが2019年の勝負になりそうです。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 心の学び舎 to U , 2018 All Rights Reserved.