心理カウンセラー大山裕介のサイト

思い込みが幸せを作る!自分が決める世界!

 
幸せ 幸せな選択 自分で選ぶ幸福
この記事を書いている人 - WRITER -
カウンセラーの大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り、情報を活かす。 これからの生き方を分かりやすいく解説しています。

幸せの感じ方は人それぞれですが、私が思う幸せの定義は、やりたいことが出来たときに感じる感情だと思い込んでいます。逆にやりたいと思っていてやれていない状態に不幸感を感じるのではないでしょうか。
やりたいかたやると決めたことを行動に移し、やっていることにするためにはどういうアクションが必要でしょうか。

スポンサーリンク

実践力とは

「決めたこと」×「やれていること」これを一致させる力を言います。
簡単に見えますが、決めたこととやれていることを一致させられることもあれば、何かが原因で一致させられないときもあるはずです。
この一致感こそが生きてる実感であるとともに成功体験と呼び、それを積み重ねることが成長ではないでしょうか。
原因はなにかというと、自分でも経験がありますが、ほとんどが怠け心ではないかと思います。

 

それが成長というなら、毎日成長しているという方も多い中、少しネガティブなデータがあります。
『元旦に立てた目標を85%の人が、1月15日までに挫折する。』
もし元旦に立てた目標や、今年一年何かを想い続けることが出来たら、その一年は最高な一年になるはずです。

ですが、85%の方は最高にならないというデータです。

 

何が必要か?
それは、忘れない仕組み。つまり思い出す仕組みが必要なんです。

大切なことほど忘れるのが人間

大切なことを思い出す習慣が必要です。
意識すれば今まで出来なかったことが出来る力を持っています。ですが忘れてしまうんです。
私たちはなんで子供のころ、あんなに成長出来たんでしょうか?
毎日学校に行っていたから、そして、親に言われることが毎日だったからなんです。
つまり、毎日大切なことを思い出させてもらっていたんです。

 

学校では毎日大切なことを先生が教えてくれてたんです。「明るく元気な挨拶をしなさい」とか、「友達に優しくしなさい」などは分かってはいたように思えますが、大人になるとほとんどが出来ません。
大切なことほど大人は出来ていないのです。これが現状です。違いは能力差ではありません。
大人になるにつれて、人に言ってもらえる環境が少なくなっていくんです。

 

みんな曖昧にするんです。
なぜなら「どうせお互いやってないからです。」怖いんです、大人は。

見えない世界が見えている世界を創る!

見えない世界とは「心」、見える世界とは「表情・声・行動」です。
見えない世界と見える世界は繋がっているということです。
心と表情、心と声、心と行動が繋がっているということ。

例えば「大好きな人に久しぶりに会ったら」心はどうなるでしょうか。嬉しいという感情に心が動きます。

嬉しいという感情はプラスの感情でしょうか、マイナスの感情でしょうか。
プラスの感情の時、表情はどうなっているでしょうか。笑顔になるはずです。
笑顔という表情はプラスの表情でしょうか、マイナスの表情でしょうか。

 

声のトーンは高くなりますか、低くなりますか。
高くなるんです。それはプラスでしょうか、マイナスでしょうか。
行動は積極的になりますか、消極的になりますか。積極的になるんです。
ここまででも分かると思いますが、心がプラスになると全てがプラスに動き始めます。

 

ということは、逆に心がマイナスになると全てがマイナスになります。
全ての出発点は「心」なんです。それを忘れるから不幸感が生まれるんです。

順番が大切!

見えている世界から思考が始まってしまうと、順番が間違っています。
例えば、売上がなかなか取れないから心が暗くなる。集客出来ないからつまらなくなる。
現実が先になり、心が後になるとマイナスに進み始めます。この順番を理解し始めると幸せを創れる体質に変わって来ます。

 

大切なのは「心が先」そして「現実は後」この大切なことを忘れると不幸感を創れる体質に変わってしまいます。
創れるということは、主語は全て『自分』だからです。
自分が不幸感を作り出している大元という訳です。そして、人間だけなんです不幸感を感じているのは。
なぜか?
創り出す力があるからなんです。

 

現実の出来事に不満を感じる時間を自分の心を整えることに使った方が、遥かに幸福になる可能性が上がります。
ただ、冒頭でもお伝えしましたが、現実に対して責任感を多く感じる人ほど、この心が大切ということを忘れてしまいます。
そして、出来事ばかりに振り回されてついつい自分を責めてしまっているんです。

まとめ

今回はYouTube講演家 鴨頭嘉人さんの「思い込みが全ての現実をつくる「幸せ100%」の生き方」の一部を編集して文字にさせていただきました。
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Ze-yqSgJac4

この動画は現状で自分が起きている原因が自分にあるのだということを思い出させてくれる内容になっています。
動画は38分。文字にすると長くなってしまうので、自分に該当する部分のみをお借りして一部を自分の立場に置き換えています。
詳しくは、動画をご覧ください。

 

大切なことほど忘れてしまう。年齢と共に言われづらくなっていくことが大人の成長を止めています。
それに気づいた人から進み始めましょう。
まずは自分の心を変えること。次に言われる環境を自分で作ること。これは常に思い出す環境を作るということです。ふんぞり返って威張りたい人は成長しないということですね。

忠実に従う部下よりも、一言注意してくれる部下を持つことが歳をとっても成長出来るという環境です。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
カウンセラーの大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り、情報を活かす。 これからの生き方を分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 情報時代を迷わず生きる学び舎 , 2019 All Rights Reserved.