未来心理カウンセラー大山裕介のサイト

アパマン赤字転落!?6億の黒字が1億の赤字へ!

 
頭を抱える コンビニ ブラック企業 悩むコンビニ
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。

2018年12月に北海道札幌市で起こったガス爆発事故。
不動産仲介業アパマンは、2018年2月に起きた爆発事故を受け、今期の業績予想を下方修正したと報じられました。
最終損益は1億円の赤字。
この数字を見てどのような見解と捉えるべきなのでしょうか。
赤字の金額以上のものがあるように思えます。
今のこの時代はお金の時代(資本経済)というより、信用の時代(信用経済)といってもいいくらいの時代に、お金が原因で信用をなくすような行為は一番の御法度と言えるでしょう。

スポンサーリンク

爆発の原因

2018年12月16日、北海道札幌市豊平区平岸で大きな爆発音が聞こえた。区をまたいで聞こえるくらいの爆発音がということはとんでもなく大きな爆発だったでしょう。距離にして15km離れた江別市でも聞こえたということ。
不動産仲介業者「アパマンショップ」や隣接する飲食店が吹き飛び、全壊する事故。
爆発原因はアパマンショップ事務所内で100本以上の消臭スプレーを破棄目的で同時に噴射したからで、店舗のドアや窓は締め切られたままで喚起をしていなかったため湯沸かし器に引火し爆発したということです。隣接する飲食店の半壊や、近隣の住宅のガラス窓が割れるなど被害は大きく、立て直しに相当な時間がかかりそうです。

 

事故の他に、他の爆発事故の動画をSNSで拡散しインターネット上が炎上するといったデマもあり、それを見た人が騙されるといった被害も発生している。

なぜ100本以上のスプレーを噴射したのか

これはまだはっきりとしたことは分かってはいませんが、賃貸契約者に一本1万円で販売し、実際は使わずにいたため溜まっていったのではないか?という声が多く聞こえています。それを処分するために事務所で100本以上のスプレーを噴射していたということです。

 

これが事実であれば、爆発事故ともう一つ別に問題が沸き上がって来ます。
お金をもらいスプレーをしていなかったのですから、大きな問題です。

 

店長によると、事故当日の昼頃にも野外で破棄処理を行っていた。
その時は通行人に目撃され破棄処理をやめ夜に残していたのです。

元アパマンスタッフが暴露

・消臭スプレーの原価は約1000円
・最低1万円で売りなさいと言われている
・全ての仲介に最低一本はつけろと言われている
・消臭スプレーは契約条件に含んでいることが多かった
・ノルマを達成しなければならなかった
・売上がないと給料に歩合が付かない
・消臭スプレーは余っていた

忘れていたとの声も聞こえています。

 

ブラック企業体質という内部文章も現役社員から出ている。
「パソコンで勤怠管理をするのですが、23時退勤と入力すると、人事部が18時に修正するのです。7月の朝礼で、超過勤務して社員とその上司が減給処分の発表を受けています。」

この件に関しては、事実確認を求めているが回答はないということです。

今後の対策とまとめ

今回の件を見ていても分かる通り、引っ越しの際には見直さなければならない点が多そうです。見えない業務に関して、契約書に書いてはありますが全て目を通すことが少ないと思います。不要なお金を払っている可能性も出て来ます。アパマンの事件で明らかになった問題ではありますが、この問題が更に違うところへ飛び火する可能性もあります。それは、同じ業種のスタッフの暴露なども視野に入れなければなりません。事故にはなっていないことが、明らかになる事態に発展するかもしれません。引っ越しの際には、スプレーの噴射画像や動画などで、実際に使用していることを見せるなどの対策をしていかなければという見解です。

 

アパマンは北海道札幌市で起きた爆発事故の被害の補償や建物の復旧のために、
およそ10億円の特別損失を計上。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
未来カウンセラー大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り情報を活かす。必要な情報と接する。 これからの生き方を私なりに分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 情報時代を迷わず生きる学び舎 , 2019 All Rights Reserved.