心理カウンセラー大山裕介のサイト

不安を抱える人たちへ贈る!不安設定を変える方法!

 
不安 悩み
この記事を書いている人 - WRITER -
カウンセラーの大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り、情報を活かす。 これからの生き方を分かりやすいく解説しています。

将来が不安で毎日の生活が辛い。この不安ということがあなただけのものなのか?
その不安を抱えることが特別なことではないことにまず気づくことが大事なんですが、不安を取り除こうと思ってると労働でカバーする人が多いのです。

大きな枠で考えると悩みは3つに分かれます。人間関係の悩み健康の悩みお金の悩み、この3つで悩まないようにすると不安というのは小さくなります!
そして、悩みを持ったとしてもすぐに解消することはありませんが、解消するもなにも関係なくそれ自体なくなります。

スポンサーリンク

この3つの悩みにまとわりつくのが不安なんです!

悩みにまとわりつく不安というのは、例えばこんな感じです。

人間関係の悩み=人間関係が壊れる不安

健康の悩み=健康を損なう不安

お金の悩み=なくなる不安

この3つはセットになってますので、注意して欲しいのが、
同時に3つ出てきたときになにから解決して行けばいいのか?ということなんです。

悩む順番といったら、

①お金の悩み

②人間関係の悩み

③健康の悩み

このような優先順位になると言われています。ですが、一番不安なは実はお金なんです。
一番不安だからこそ朝から晩まで一生懸命働いて、どうにか給料を上がらないかに全エネルギーを使います。

一生懸命働いた結果、給料が上がったとします。それで不安は消えたでしょうか?それで消えるほどの大金が手に入ったとしても、その後も無くなる不安は出て来ます。

原因は無くなったら減るという、思い込みです。

 

そもそも先ほどの順位は適切な順位なのかも、微妙な感じがしてますが、調査結果なのでそうなんでしょう。
この悩みは全て紐付いていますので、何かがなかったら全てが悩むように設定されているんです。

お金が無くなったら、病院にも行けない。
しっかり働ける身体がなかったら稼げない。
人間関係が良くないと成果が上がらない!

私の見解も先に述べさせていただくと、人間関係が一番大事、その次に健康です。
最後にお金の順番になります。

全部同時に必要なのは必要ですが、あえて順位をつけるならという答えです。
人間の不安の要素は2つしかないんです。
一つは落ちるという不安、もう一つが大きな音です。これが不安に感じることの原因です。

落ちるというのは無くなるという意味ですので、
お金が無くなる不安健康が損なわれる不安人間関係が無くなる不安

こうした不安は考え方一つで治ります!

不安の陰に欲望が隠れてます!

無くなる不安に関して自分の感情を考えたことがあるでしょうか?

お金が無くなることに不安と思っている人は、使いたいだけ。
健康に不安な人は、生活の不摂生が原因
人間関係が不安な人は、わがままなだけ。

不安の要素がそれぞれありますが、それを変えれるのは自分だけなんです。

お金の不安の取り除き方は、なくても平気という感情を持つこと。
健康に不安があるかたは、不摂生を見直し健康な身体を維持すること。
人間関係に不安がある人は、相手を知ること。

全て不安の陰に隠れていますが、自分の思い一つ考え方一つで変わる場合がほとんどです。

まとめ

このように不安とは自分の設定なのが分かると思います。
有意義に過ごしたいという思いがは欲望に変わり、不安を同時に作ります。
では、なにも欲しがらないことが正解かと言うとその反対なんです。求めることで成長しそれに対しての成長があるのですから。

求めるということは、成長することと不安を作ることを同時に手に入れることが出来ます。
出来ることは不安を不安として設定しないということ。
幸せを感じることを作ったのは、不幸という存在です。

毎日の生活が幸せだったら、その毎日は幸せと言えるでしょうか?
不安を感じることで幸福がより引き立ちます。

もし、不安を感じているのであれば不安の陰に隠れた自分の欲望に意識を向けて見ましょう!
不安の設定がガラッと変わります。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
カウンセラーの大山裕介 情報に惑わされない為には、まずは情報を知らなければいけない。 情報を知り、情報を活かす。 これからの生き方を分かりやすいく解説しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 情報時代を迷わず生きる学び舎 , 2019 All Rights Reserved.